薬剤科

薬剤科理念

医薬品の安全性と有効性を確保し、
 その向上に努め、患者さまにより良い医療を提供する

概要

薬剤科は3名体制で、当院の行動理念4Sに基づき、医療チームの一員として薬剤師の専門性を活かし、全ての患者さまの治療に対して貢献すべく勤しんでおります。
また、院内感染対策委員会・医療事故防止委員会・サービス向上委員会などにも積極的に参画し、他の職種と密に連携を取りながら日々活動をしております。

調剤業務

当院外来は、夜間・休日を除き院外処方箋を発行しているため、入院調剤を主に行っております。
医師の処方オーダーに基づき、個々の患者さまに関する情報と照らし合わせ用法・容量、服用方法、相互作用、副作用などの確認を行い調剤しております。

概要

注射業務

医師の注射オーダーに基づき、投与量・経路・速度・期間、配合変化、安定性などの確認を行い、薬剤毎にラベル貼付し、患者さま別のトレイにセットして払い出しております。
抗癌剤は、医師・看護師とともにプロトコール管理を行い、無菌室の安全キャビネット内で薬剤師が調整しております。

注射業務01 注射業務02

病棟業務

薬剤管理指導業務をはじめ、入院患者さまのベッドサイドにて薬剤に関する説明・相談を行い、正しく安心して使用していただけるよう努めております。

持参薬管理業務

患者さまが入院時に持ち込まれた薬剤の薬効・数量を確認し、当院代替薬を含めて医師・看護師に情報提供を行い、連携を取っております。
持参薬管理を含めて患者さまの使用薬チェックは、入院決定時(外来)・入院時・必要時に行っております。

医薬品管理業務

院内で使用される全ての医薬品について、使用期限や定数・品質管理を行い安全で良質な医薬品管理を行っております。
また、向精神薬・毒薬・麻薬・血液製剤においては、帳簿を作成し、払い出し毎に確認を行い1錠・1本単位で管理しております。

医薬品情報業務

医薬品に関わる情報を厚生労働省・保健所・製薬会社・書籍などから収集・蓄積し、有効かつ安全に医薬品を使用できるよう医療スタッフや患者さまに情報提供を行っております。
定期的なDIニュースの発行や薬事審議会の開催などを行っております。
また、電子カルテ・オーダリングシステム・在庫管理システムに関するマスタメンテナンス作業を行っております。

医薬品情報業務