坂泌尿器科新川クリニック

011-790-8002受付時間:9:00~17:00  休診日:土日祝

病気について

説明を入れます

  • 前立腺肥大症
  • 十分に尿をためることができない、頻尿や尿失禁など(蓄尿症状)。尿の勢いがない、 腹圧排尿など(排出症状)。 残尿感や尿のキレが悪い(排尿後症状)などがあります。 また全く排尿ができない尿閉という状態になることもあります。 ただし必ずしも排尿 症状は前立腺の大きさとは関係はなく、脳脊髄系などの異常による排尿障害を除いた 排尿症状を、前立腺肥大症と総称することもあります。 前立腺が大きくても(前立腺肥大) 、症状が伴わなければ前立腺肥大“症“とはされません。

    説明を入れます

  • 尿路結石症
  • 日本では腎臓にできる腎結石と尿管に結石がはまってしまう 尿管結石が全体の95%を占めます(上部尿路結石といいます)。 他に、膀胱結石や尿道結石があります(下部尿路結石といいます)。

    説明を入れます

  • 前立腺がん
  • 前立腺癌も他の悪性腫瘍と同じように、リンパ節転移や他臓器転移をおこしたり、治療後に再発することがあります。 早期に発見・治療をすれば根治も可能な病気です。 癌が前立腺だけにとどまり、他の臓器への転移がなければ、手術や放射線治療などの適切な治療を行うことで、10年生存率80%以上が期待できます。 前立腺から離れた場所に転移している場合は、5年生存率が45%になりますので、 早期発見・早期治療することが大事となります。

    説明を入れます

  • 膀胱がん
  • 腎臓で作られた尿は腎盂(じんう)、尿管(にょうかん)を通り膀胱に溜められます。膀胱が膨らみ、 尿がいっぱいになると尿意をもよおし膀胱が縮んで尿が排泄されます。 膀胱の内側は腎盂、尿管、尿 道の一部と同様に移行上皮という粘膜で覆われています。粘膜の下には筋肉組織から成る筋層、膀胱 周囲組織が存在しており、膀胱がんの90%以上は移行上皮から発生したものです。 膀胱がんは60歳以上で増加し、男性は女性の約3倍多く発症する疾患といわれ、喫煙や特定の化学物 質にさらされることなどでその発生頻度が増加することがわかっています。

    診療日カレンダー

    × ×

    ※受付時間:9:00~17:00