前立腺肥大症とは?

前立腺肥大症とは?

前立腺は尿道の奥にあり、精液の一部を分泌する男性固有の臓器です。
尿道を取り囲むように存在しています。

加齢とともに性ホルモンのバランスが崩れ、前立腺が大きくなる(腫大)と尿道が押しつぶされて、排尿障害が生じます。 これが前立腺肥大症です。 加齢とともに性ホルモンのバランスが崩れ、前立腺が大きくなる(腫大)と尿道が押しつぶされて、排尿障害が生じます。 これが前立腺肥大症です。

前立腺肥大症 前立腺肥大症

前立腺肥大症の症状は?

十分に尿をためることができない、頻尿や尿失禁など(蓄尿症状)。尿の勢いがない、 腹圧排尿など(排出症状)。残尿感や尿のキレが悪い(排尿後症状)などがあります。 また全く排尿ができない尿閉という状態になることもあります。ただし必ずしも排尿 症状は前立腺の大きさとは関係はなく、脳脊髄系などの異常による排尿障害を除いた 排尿症状を、前立腺肥大症と総称することもあります。前立腺が大きくても(前立腺肥大) 、症状が伴わなければ前立腺肥大“症“とはされません。

前立腺肥大症の検査は?

まずは問診を行い、国際前立腺症状スコア(IPSS)で症状を点数化し重症度を判定します。 次に肛門から指を入れて前立腺の大きさ、硬さなどを触診で調べます。尿検査を行い、 血尿の有無、尿路感染の合併などを調べます。画像検査としてCTや超音波検査を行い、 前立腺の大きさを測定します。さらに尿の勢いを調べるため、実際に排尿してもらい単位時間 当たりの尿量を調べる尿流検査と残尿測定を行います。また前立腺癌がないかどか、血液検査 でPSA(前立腺特異抗原)を測定します。

国際前立腺症状スコア(IPSS)

国際前立腺症状スコア(IPSS)

QOLスコア

QOLスコア

当院におけるED治療薬の外来処方

日常生活指導で症状が改善する場合もありますが、前立腺肥大症による症状を緩和するための治療は薬物療法が主体となります。 前立腺の大きさ、年齢、合併症、併用薬などにより、個々の患者にどの薬剤が適切か検討します。 下記の薬物療法で効果がない場合、または尿閉、尿路感染症の合併、膀胱結石の合併などがある 場合、手術療法が選択となります

アルファ遮断薬

膀胱の出口と前立腺の筋肉を緩め、尿の出方を改善します。起立性低血圧、めまいなどの副作用が生じることがあります。

5アルファ還元酵素阻害薬

男性ホルモンであるテストステロンの前立腺に対する作用を遮断することで前立腺の萎縮ははかります。ただし服用をやめると前立腺は元の大きさに戻ります。

抗アンドロゲン薬

精巣からのテストステロンの分泌、前立腺へのテストステロンの取り込みなどを阻害し、前立腺を縮小させます。性機能・肝機能障害などの副作用がみられる事もあります。

植物エキス製剤・漢方薬

前立腺の炎症を抑え、むくみを改善し症状を緩和します。効果は穏やかですが、副作用の心配もほとんどありません。

PDE5阻害薬

前立腺の筋肉を弛緩させるcGMPという物質はホスホジエステラーゼ5(PDE5)で不活化されます。 そのPDE5の働きを阻害する薬剤です。血管を広げる作用を有するため、頭痛やほてりの副作用が現れることがあります。

Q: 前立腺肥大症の手術は?

外科的治療法は以下のような方法があります。

1.組織の切除・蒸散を主体とする治療

1)開腹術(被膜下前立腺腺腫核出術)
2)経尿道的前立腺切除術(TUR-P)
3)経尿道的前立腺レーザー核出術(HoLEP)
4)KTPレーザー光選択的前立腺蒸散術(PVP)
5)経尿道的バイポーラ電極前立腺腺腫核出術(TUEB)

1.組織の切除・蒸散を主体とする治療

1)組織内レーザー凝固術(ILCP)
2)高密度焦点式超音波(HIFU)
3)経尿道的マイクロ波高温度治療術(TUMT)

1.組織の切除・蒸散を主体とする治療

尿道ステント留置 など
一般的に行なわれているのはTUR-Pです。上記の他にも様々な外科的治療法がありますが、 当院では大きな前立腺肥大にも対応可能で、治療効果の高いHoLEPを中心に手術を行っております。

HoLEPとはどのような手術方法ですか。

レーザー光を使用した治療は出血や痛みが少なく、患者への負担の少ない手術を可能 としています。ホルミウム・ヤグレーザーという種類のレーザー光を使用するHoLEPは 肥大した前立腺の腺腫のみをくりぬく(核出)ことで、腺腫の尿道への圧迫を解除し、 尿道抵抗を減らし尿の勢いを増します。くりぬいた前立腺はモルスレーターという機械で摘出します。

HoLEP

従来より行われてきたTUR-P(経尿道的前立腺切除術)は、腺腫を削り取るためその度に出血し、 削る(切開)と止血(凝固)を交互に行わなけらばなリません。

腺腫を削らず切開と凝固を同時に出来るHoLEPに比べるとどうしても出血が多くなります。そのため大きな前立腺肥大症(概ね前立腺体積100ml以上)に対するTUR-Pは困難で、施設によっては開腹術が選択される場合もあります。 当院では紹介患者を中心に、100mlを超える大きな前立腺肥大症も年に20-30例ほど大きな合併症もなくHoLEPを施行しております。

HoLEPの治療成績と合併症などはどうでしょうか?

当院では年間約200例のHoLEPの手術実績があり、2016年6月現在累計手術件数は1600例を超えています。 これはDPC導入病院の中でも年度別で3指に入る件数です。 最大尿流率(尿の勢い)は手術直後と1年後でそれぞれ約50-70%改善し、残尿量も1/2-1/4に減少しております。

  • 最大尿流率 

    最大尿流率 
  • 残尿量

    残尿量

IPSS/QOL scoreは手術直後から改善し、患者さんの満足度も高い結果が得られております。

IPSS・QOL scoreの変化

  • IPSS

    IPSS
  • QOL score

    QOL score

合併症ですが、過去4年間で輸血を要した症例は0.72%で、その半数は前立腺体積が180mlを超える巨大な前立腺 肥大症でした。尿失禁は手術6ヶ月目でpadを1日1-2枚使用するような尿失禁例は2.2%でした。また手術関連死は ありませんでした。

高齢であっても手術はできますか?

合併症(心疾患、肺疾患、脳血管障害など)の有無、併用薬の内容により手術困難な例はありますが、高齢である、 というだけで手術ができない事はありません。当院での手術患者の5.6%は80歳以上の方で、安全に手術が施行されております。

入院期間はどれくらいでしょうか?

手術に必要な検査は遠方の方以外は全て外来で済ませております。
入院翌日に手術を行い、血尿の程度を見て手術3日後に尿道カテーテルを抜去、尿の勢いの検査を行い退院となります。
入院期間は約1週間です。

費用はどれくらいでしょうか?

手術に必要な検査は遠方の方以外は全て外来で済ませております。
HoLEPは保険適応となっております。保険の種類により費用は変わりますので詳細は外来事務窓口にてご確認ください。

前立腺肥大症 HoLEPの動画

2016年04月10日放送
「医TV」前立腺肥大症 HoLEP(ホーレップ)治療
近年増加傾向にある前立腺肥大症に対して、低侵襲で負担の少ない治療法として注目される、ホルミウム・ヤグレーザーにより、肥大した前立腺の内腺を核出(くりぬく)する、HoLEP(ホーレップ)治療を行っています