過活動膀胱

過活動膀胱

膀胱には尿を溜めるはたらき(蓄尿機能)と尿を排出するはたらき(排尿機能)があります。 何らかの原因で蓄尿機能に障害が出ると、膀胱に尿が十分溜まらないうちに尿意をもよおしたり、強い尿意で我慢しきれずに尿を漏らしてしまいます。

急に我慢できないような尿意をもよおし、自ら制御できなくなる状況=尿意切迫感(にょういせっぱくかん)を必須とした症状症候群を過活動膀胱と言います。 急に我慢できないような尿意をもよおし、自ら制御できなくなる状況=尿意切迫感(にょういせっぱくかん)を必須とした症状症候群を過活動膀胱と言います。

過活動膀胱の原因

過活動膀胱の原因は大きく2つに分けられ、膀胱を制御する神経に原因があるものと、それ以外に原因があるものにわかれます。 膀胱の機能は脳やせき髄により制御されているため、それらの部位に疾患があると膀胱機能の調律が取れず過活動膀胱の原因となります。 脳の疾患としては脳出血や脳梗塞といった脳血管障害、パーキンソン病、脳腫瘍など、せき髄の疾患としてはせき髄損傷や多発性硬化症、脊椎変性疾患などが原因としてあげられます。 神経以外のものが原因であるものとして、男性の前立腺肥大症、女性の骨盤臓器脱などを始めメタボリック症候群に起因する様々な病態もその原因としてあげられます。

過活動膀胱の鑑別疾患

過活動膀胱と間違えやすい疾患として膀胱がんや尿路結石、膀胱炎などの膀胱疾患、子宮内膜症などの膀胱周囲臓器の疾患、多尿、心因性頻尿、薬剤の副作用などがあげられ、その鑑別については泌尿器科専門医での問診や検査が必須となります。

過活動膀胱の治療

いずれも膀胱のコントロールを改善させることが目的になります。 減量、禁煙、食事指導などの行動療法や尿を我慢し蓄尿症状を改善させる膀胱訓練などがあげられます。そのほか、膀胱をリラックスさせるような薬剤を用いる薬剤治療や電気刺激を用いる神経変調療法、前立腺肥大症や尿失禁に対する外科的治療も用いられます。

最後に

現在、過活動膀胱はTVCMなどでの啓蒙活動も功を奏し、内科医など泌尿器科以外の医師向けにも治療ガイドラインが作成され、気軽に治療が受けられるようになりました。しかしその反面、泌尿器科医の眼の届かないところで治療が進み、ほかの重大な病気が見逃されたり、治療薬の思わぬ副作用に悩まされる患者様を見る機会も増えてきております。 一度当院を始めとした専門医での精査を受けることをお勧めいたします。