医療法人社団 北腎会|坂泌尿器科病院

第1駐車場 14台 病院敷地内|第2駐車場 22台 病院横

メールでのお問合わせ

〒001-0030 札幌市北区北30 条西14 丁目3-1

ED(勃起不全、勃起障害)


正常な勃起のためにはペニスの中の海綿体という血管の塊に血液が十分に充満し、維持できることが必要です。 しかし、さまざまな要因によって、常な勃起をする事が出なきなってしまう事を「ED(勃起不全、勃起障害)」といいます。 以前は、「インポテンツ」や「インポ」などと呼ばれていましたが、差別的意味合いがあり現在では使用されません。 日本国内の統計では軽度のEDを含めると1800万人といわれ、3人に1人がEDという割合になり、 特に高齢になるほど増加し60歳以上では2人に1人がEDといわれています。

EDの分類と原因


EDは、血管や神経の障害による器質的EDと精神的ストレスなどによる機能的ED(心因性ED)に大きく分類されます。 血管の障害原因として加齢、高血圧、喫煙、糖尿病、脂質異常などがあげられます。 神経の障害原因としては糖尿病、骨盤内手術などです。 機能的(心因性)の原因としてはうつ病などの精神疾患があげられます。


EDの診断


一番重要なのは問診です。 国際勃起機能スコア(IIEF)などを用いて、慎重に診断します。

IIEF



スコアの合計点をもとに、EDの重症度を確認します。

IIEF





EDの治療


ED治療薬が誕生するまではEDの治療はとても困難でした。内服で有効なはほとんどなく、治療自体は、海綿体注射、陰圧式勃起補助具、陰茎プロステーシス挿入術など、限られた医療機関でしか行えないものでした。 しかし、ED治療薬バイアグラの誕生を期に、DE治療が簡便になり、 現在、バイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィル(バイアグラのジェネリック医薬品)用いられます。 いずれも、個人差はありますが、その有効率は70から80%くらいです。 しかし、網膜色素変性症、重度の肝障害、低血圧症、硝酸剤内服中の方には処方できません。


ED治療薬の特徴


ED治療薬の特徴




当院におけるED治療薬の外来処方


当院では、調剤薬局を行かずに、院内でED治療薬を処方します。
できる限り男性職員で、極力プライバシーに配慮した必要最低限のスタッフで対応いたします。
泌尿器科専門の病院で、安心して信頼性のある薬を使用しましょう。

当院におけるED治療薬の外来処方の詳細は下記の図をクリックしてください。





最後に


個人輸入品などにはかなり偽物が横行しているようです。劣悪な環境で製造ざれ、有効成分含んでいないどころか、不純物や害になるものが含んでいる場合もありますので絶対にやめてください。 当院は、泌尿器科の専門病院として積極的なED治療を行っており、正規ルートで仕入れた正規品を取り扱っております。


  • 部門紹介
  • 診療実績
  • 前立腺がん検診
  • 動画配信
  • 広報誌
  • 面会について

病院情報

外観

医療法人社団 北腎会

〒001-0030
札幌市北区北30 条西14 丁目3-1
電話/011-709-1212
駐車場/第1駐車場 14台  病院敷地内
    第2駐車場 17台  病院横

メールでのお問合わせ

診療時間
※休診日は日・祝祭日・年末年始(12/30~1/3)
 となります。
※ 再診の方の診察は基本的に予約制となっております。
※ 急患に関しては随時受付いたします。
※ 循環器科の外来診療は月曜日 午後診療
 (13:00~17:00)となります。
マップ Google MAPで見る